1. TOP
  2. 日記
  3. 私は、漢方で、抗がん剤による皮膚障害やアトピー性皮膚炎の治療をしています。

私は、漢方で、抗がん剤による皮膚障害やアトピー性皮膚炎の治療をしています。

 2018/12/06 日記  

こんにちは。加藤隆佑です。

抗がん剤による皮膚炎や、アトピー性皮膚炎に対して、非常に効果のある、特殊な漢方があります。

私は、その存在を知ってから、治療に取り入れるように、なりました。

たとえば、肺がんに用いられるイレッサ、タルセバ、ジオトリフ、タグリッソによる皮膚障害に、効果が非常にあります。

ベクティビックスや、アービタックスの皮膚障害にも、効果があります。

ただし、この漢方は、ネクサバールによる手足症候群には、あまり効果がありません。

ゼローダにも、多少効果があるくらいで、それほど強い効果は期待できません。

ここまでのことが、判明しています。

また、癌からは、話は変わりますが、アトピー性皮膚炎にも、効果があります。

さて、私は、漢方でアトピー性皮膚炎の治療もしています。

アトピー性皮膚炎に関する記事は、こちらに、書いています。

アトピーにヨーグルトは効果がある?良い食べ物と悪い食べ物を知り、克服を目指す。

アトピーのかゆみや乾燥に役立つ市販薬、サプリメント、漢方を医師が解説

アトピーの完治と脱ステをめざす!漢方と食事でかゆみと赤みを改善し、跡を消す

アトピー性皮膚炎において、ジクジクした湿疹が、なかなかよくならないケース

アトピー性皮膚炎の、おすすめの保湿剤と、保湿剤が、きかない時の注意点

アトピー性皮膚炎のおすすめの漢方と、ステロイドとの併用について

アトピー性皮膚炎の原因とは?遺伝や人にうつることは?適切な治療で克服を目指す

アトピー性皮膚炎の悪化の原因と、かゆみをとってアトピーを改善する食事法

アトピー性皮膚炎は季節によって悪化することがある。それを回避する方法を医師が解説

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • 乳がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!再発転移の治療と末期の対応を医師が解説

  • がんを抑えるための、油の取り方の注意事項

  • シングルマザーである親として、子供を残して死ぬわけには、いかない

  • 子宮体がんステージ2の生存率や再発率は?抗がん剤の副作用を抑え再発を抑える方法

  • がんと戦える体力があるならば、がんに対する治療を諦めなくても良い

  • 子宮体癌のステージ4でも楽に余命を伸ばす!再発転移の治療と末期の対応を医師が解説