1. TOP
  2. アトピーの完治と脱ステをめざす!漢方と食事でかゆみと赤みを改善し、跡を消す

アトピーの完治と脱ステをめざす!漢方と食事でかゆみと赤みを改善し、跡を消す

こんにちは。加藤隆佑です。総合病院で、漢方外来をしています。

様々な疾患を、漢方でよくすることを得意としています。

さて、アトピーにおいて、脱ステロイドはできます。

そのために知っておいて欲しいことを説明します。

アトピーの完治はできるのか?そして脱ステの方法とは?

アトピー性皮膚炎において、脱ステ(脱ステロイド)はできます。

しかし、やり方が難しいです。

正しい、脱ステの方法をお伝えします。同時に、ステロイドを正しく使う方法もお伝えします。

湿疹が急に増悪するので、急な脱ステはしてはいけない。

これまでずっと使い続けていたステロイドを、急にやめるのは、よくないです。

急にやめると、数ヶ月という期間の間で、何個かの波となって、アトピーの増悪がきます。

元々、湿疹がでなかったような部位にも、出ます。かなり大変な思いをしますし、危険もあります。

ステロイドをやめることによって皮膚炎が悪化する理由は、2つです。

1つは、ステロイド中止後の離脱皮膚炎、もう一つは、アトピー性皮膚炎の反跳現象です。

さらに、以下のような悩みや症状を持つことになります。

  • 体が非常にだるい
  • 社会生活を送れない

急激な脱ステロイドをして、同時に、漢方で治療をする医師はいます。

彼らは、万が一うまくいかないときには、その状態から挽回するための手立て、つまりは入院治療をするといったことも視野にいれて、やっています。

そうであるならば、急な脱ステは、許容はできます。

しかし、万が一うまくいかないときのことを考えない脱ステは勧められません。

脱ステの誤解と、脱ステの次は脱保湿という過程が待っていることについて

脱ステロイドをしたからといって、アトピー性皮膚炎の体質が、完全に治るわけではありません。

もちろん、多少のことで、アトピーがでないようにはできます。

つまり、体質は改善できますが、他の方よりは、肌に対するケアは必要になってきます。

また、脱ステのときには、脱保湿もしないといけないことが、あります。

ステロイドだけをやめて、保湿だけを続けると、保湿剤が皮膚炎の悪化の原因になることが、あるからです。

急な脱ステロイドの経過

ステロイドを休止後、2日から25日で皮疹の増悪のピークを迎えます。

その後、浸出液は次第に減っていきます。しかし、一部の方は、紅斑がずっと残る人がいます。その理由は、保湿剤にあるとされています。

さて、私は、リスクが伴わない、脱ステロイドの方法を提案します。

安全で正しい脱ステロイドの方法

その方法は、ステロイドを塗る間隔を次第にあけていくことです。

ステロイドの間隔を、少しづつ空けていくためには、いくつかの工夫が必要です。

主にすべき工夫は、以下の3つです。

脱ステロイド時の保湿の仕方

アトピー性皮膚炎の患者さんでは、ワセリンを使用すると、塗っていると調子が悪くなる、もしくは痒くなるという人がいます。

さらに、ワセリンに限らず、保湿剤への依存があることが、判明しています。

これは、1996年、名古屋市立大学医学部皮膚科助教授の佐藤健二医師の報告です。

この中に、『保湿剤が有害となる』という項目があります。

脱ステロイドのときには、ワセリン・アズノール軟膏・種々のクリーム・馬油・オリーブオイルなど、ほとんどすべての油は、赤みなどを持続させるように働きます。

だからこそ、脱ステロイドの際には、保湿に工夫が必要となるのです。

結論から言うと、脱ステロイドのときに、脱ステだけではよくならないケースでは、脱保湿も同時に行わないといけません。

しかし、私は、あえて、オイル以外のものを散布し、皮膚の常在菌における善玉菌を多くするようにする工夫を推奨しています。

その方法も、とても効果的です。

脱ステロイド時には、漢方を取り入れる

便秘といった悪化因子を、取り除く

その他

  • 運動
  • ストレスを減らす
  • かゆみをとるための抗アレルギー薬
  • 熟眠できないときは睡眠剤
  • かゆいときは、その部位をガーゼで覆うことにより掻爬を防ぐ

脱ステロイドのときに用いる石鹸

みよし石鹸は、オススメです。

脱ステロイドのときの食事

こちらに食事の注意点を書いています。

ステロイドの塗り方のスケジュール

この3つをやりつつ、少しずつステロイドを塗る間隔を空けていくと良いでしょう。

はじめは、連日塗っていったとします。

途中から、3日のうちの1日はステロイドをおやすみするといった感じで、ステロイドを塗らない日を増やしていきます。

具体的な内容は以下の通りです。

脱ステロイドのときの、かゆみについて

仮に、隔日でステロイドを塗ったとします。そうすると、少し湿疹がでたとします。

そのときに、かゆみがでない程度に湿疹が制御できれば、よしとします。

ステロイドにより、湿疹が完全にでないところまで持っていく必要はありません。

そして、長期間ステロイドを使っている人ほど、ステロイドを塗らない日を増やすペースをゆっくりにします。

最終的には、ステロイドを使う日を0にします。

この過程で、一部分だけが急に悪化したときには、その部位に一時的にステロイドを塗るのはOKです。

アトピーの跡である色素沈着である黒ずみは、消えるのか?

原因である「新たなアトピー性皮膚炎」が繰り返していると「新たな色素沈着」を生じさせてしまうため、皮膚の黒ずみの改善に結びつきません。

はじめに、アトピーの炎症をとりましょう。

炎症がとれれば、1年くらいかかりますが、黒ずみは次第にきれいになっていきます。

医師として、ステロイドの是非を述べます。

脱ステロイドをめざすことは、よいですが、ステロイドに対する誤解は、解消しておきたいところです。

ステロイドには、副作用があります。たとえば、以下のようなものです。

  • 皮膚の萎縮
  • 皮膚萎縮線状
  • ステロイドざそう
  • 毛細血管拡張・紫斑・口囲皮膚炎
  • 酒さ様皮膚炎

さらに、アトピー性皮膚炎など長期連用による副作用としては塗っても効かなくなるステロイド抵抗性や、ステロイドが止められないステロイド依存、急にやめると抑えられていたアトピーが悪化してくる中止後リバウンドです。

一方で、とても大変なときを乗り越えるときに、一時的にステロイドを用いることは、良いでしょう。

うまく使えば、とても役に立ちます。

つまり、ステロイドは、諸刃の剣と言えるでしょう。

ステロイドは、善でもあり、悪でもあります。

さて、ステロイドの問題点の1つは、ステロイドの使い方が少なすぎて効果が十分に出なくて、とても中途半端な治療になっている人が多いことです。

中途半端な状態でいるならば、漢方や保湿の仕方を工夫をして、脱ステロイドを目指したいところです。

優先的に取り入れたいことは、ツボ治療と漢方です。

アトピーを改善させるための自宅で行えるツボ治療とは?

自宅でできるツボ治療というものが、あります。

以下の動画で、詳しく説明しています。

 

そして、漢方を足しましょう。

アトピーを克服するための漢方治療はこちらです。