1. TOP
  2. 肝臓がん
  3. 肝臓がんによる、かゆみや黄だんを解決する方法は?

肝臓がんによる、かゆみや黄だんを解決する方法は?

 2018/12/04 肝臓がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

さて、先日、肝臓がんの方が入院されました。

骨にも転移していました。さらに、肝臓の肝硬変が非常に進んでいる状態です。

少しでもよい方向になるように、していきたいです。

さて、そのような状態のときには、がんの治療も大切ですが、日常生活を快適に過ごせるサポートもしていかないといけません。

そのサポートの1つが、かゆみや黄だんをとっていくことです。

肝臓がんの方の痒みは、どのような症状?

「夜、かゆくて眠れない」、「あちこちかゆくてかきむしってしまう」といった症状です。

かゆい部分をかいても治まらなかったり、一般のかゆみ止めが効きにくいという特徴もあります。

痒みが出る理由は?

肝臓がんが、末期の状態だから、痒みがでると思われる方がいます。

しかし、そうではありません。

もちろん、肝臓が、がんに埋め尽くされて、黄だんがでれば、痒みがでます。

しかし、肝臓のがんは落ち着いているにも関わらず、痒みがでることがあります。

たとえば、背景に肝炎があるときです。つまり、肝臓に炎症が起きていることも、痒みの原因の1つになります。

また、肝臓が原因の痒みと思っていたのが、皮膚の乾燥からくる痒みであったということもあります。

痒みというのは、いろんな原因で発生します。

「痒みが発生した=がんの末期」というわけではないことを、知って欲しいです。

肝臓由来の痒みをとる方法

日常生活における工夫

以下のことに、気をつけて下さい。

  • 入浴時、ぬるめの湯にゆっくりつかる。
  • 汗をかいたら早めに洗い流す。
  • 石鹸の使いすぎとごしごし洗いは控える。
  • お風呂上がりにはすぐに保湿剤を塗る。
  • 化学繊維や毛織物が皮膚と接触するのを避ける。

薬物療法

かゆみをとるために、薬は有効です。どのような薬があるかを、解説していきます。

漢方

インチンコウ(茵蔯蒿)を煎じて用いると、非常に効果があります。

この漢方には、黄だんを改善させる力も、あります。

私も、よく用いる漢方の1つです。とても効果的です。

レミッチ(ナルフラフィン塩酸塩)

この内服薬も、効果があるときがあります。

抗ヒスタミン薬

これは、一般的な痒みどめに該当します。

概して効果は乏しいです。

がんによる症状を、取り除く秘訣は、こちらです。

 

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • 肝臓がんの腫瘍マーカーの意義と、数値が上昇した時の対処法を医師が解説

  • 肝臓がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!再発にも打ち勝つ治療を医師が解説