1. TOP
  2. 肝臓がん
  3. 肝臓がんに対してサイラムザという薬が承認されました。

肝臓がんに対してサイラムザという薬が承認されました。

 2019/06/20 肝臓がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

2019年の6月よりサイラムザという抗がん剤が、肝臓がんに用いることができるようになりました。

サイラムザは、血管新生阻害薬という分子標的薬に分類されます。

がんを栄養する新生血管ができるのを防ぐことにより、がんの増殖を抑える薬です。

したがって、がんを縮小させる薬というよりは、がんの成長を止める薬というイメージの方が、正しいことになります。

副作用も、概して、軽いものが多いです。

どのような肝臓がんの方にサイラムザを用いることはできる?

以下の2つの条件を満たす必要があります。

1、肝臓がんの腫瘍マーカーの1つであるAFPが400以上ということ

AFPが400未満の方に投与しても、効果があまり期待できないということが判明しているからです。

2、これまでに何らかの肝臓がんの抗がん剤治療を受けたことがある

また、以下の方は、副作用が強く出る可能性があるために、投与を推奨されません。

  • 体力が低下して、ほぼベッド上での生活をしている方
  • 肝硬変がすすんでいる方
  • 蛋白尿がたくさん出ている方
  • 高血圧がコントロールされていない方

サイラムザの副作用は?

サイラムザの副作用で、頻度の高いものは、以下のものです。

  • 高血圧
  • 蛋白尿

頻度は非常に低いのですが、消化管穿孔という副作用があります。1%くらいの頻度ですが、万が一消化管穿孔になってしまった場合には、緊急手術が必要になります。

高血圧のときの対処法

たとえば、自宅で測った血圧が160以上であるときは、先に血圧を下げる治療を行い、安全に投与できる血圧になったところで、サイラムザを投与します。

蛋白尿があるときの対処法

蛋白尿が定量検査で2ミリグラムでているのであれば、腎機能への影響を考慮して、サイラムザの投与量を一段階さげます。

具体的には、本来であれば体重1キロあたり8ミリグラム投与するところを、6ミリグラムに減量して投与することになります。

もし蛋白尿が定量検査で3ミリグラム3mg以上ならば、投与はできません。

さて、肝臓がんの治療においては、サイラムザ以外にも、治療の選択肢はあります。

その方法は、こちらで説明しています。

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

私のプロフィールの詳細はこちらです。 

関連記事

  • 肝臓がんの手術後に、腫瘍マーカーが上昇して、再発を疑わせる時の対処法を医師が解説!

  • 肝臓がんの腫瘍マーカーであるAFPやPIVKA-Ⅱについて医師が解説

  • 肝臓がんによる、かゆみや黄だんを解決する方法は?

  • 肝臓がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!今すぐ効果がある治療を医師が解説

  • 肝臓がんの再発でも楽に余命を伸ばす!末期からでも回復する治療を医師が解説