1. TOP
  2. 抗がん剤と副作用
  3. アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセル)によるしびれを、予防する方法とは?

アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセル)によるしびれを、予防する方法とは?

 2019/01/15 抗がん剤と副作用  

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたが、アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセルで)によて、発生するしびれという副作用を、不安に思うことがあるかもしれません。

実は、しびれは、完全にとは言えませんが、それなりに、予防することができます。

方法を、ご紹介しますね。

アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセルでも可)の投与15分前(30分前でも可)より、24時間の間、以下の2つを、つけます。

・弾性スリーブ

用いるものとして、15mmHgから20mmHgの弱圧タイプで、薄手の生地で、むれにくいものが、良いです。

例)

・加圧ストッキング

用いるものとして、15mmHgから20mmHgくらいの弱圧タイプが、良いです。

例)女性


例)男性

アブラキサン、パクリタキセル、ドセタキセルの副作用である、しびれを、予防することは、できるのです。

この方法は、論文で発表されて、一部の病院では、行われています。

そして、この方法に、漢方をたすと、もっと良いです。

そして、抗がん剤の副作用である、しびれを、防いでいきましょう。

しびれに対して注意することは、こちらでも、書いています。

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • イリノテカンによる下痢・吐き気・脱毛への対処方法を医師が解説

  • リムパーザ(オラパリブ)の効果と副作用は?吐き気をとり、卵巣がんや乳がんに負けない体を作る!

  • ゼローダによる手足症候群の対処法と予防法を解説!

  • オプジーボを投与中に、がんが増大したとしても、がんが縮小することがある!