1. TOP
  2. 抗がん剤と副作用
  3. リムパーザ(オラパリブ)の吐き気という副作用を取り除く方法を医師が解説

リムパーザ(オラパリブ)の吐き気という副作用を取り除く方法を医師が解説

 2019/01/28 抗がん剤と副作用  

こんにちは。加藤隆佑です。

本日は、卵巣がんや、乳がんで用いられることが多いです。

本日は、リムパーサの代表的な副作用である、吐き気を取り除く方法と、リムパーザの効果について、解説します。

リムパーサ(オラパリブ)の効果とは?

卵巣がんや、遺伝子の乳がんを抑えるのに、有効な薬です。

飲み薬になります。

注意点として、この薬の内服期間中は、グレープフルーツやセイヨウオトギリソウを含む食品は摂取してはいけません。

血液中のリムパーサの濃度に、影響を与えるからです。

リムパーザの副作用とは?

吐き気や下痢、貧血、疲労感です。

それ以外の副作用としては、下痢、食欲減退、無力症、味覚異常などが報告されています。

さて、一番頻度の多い副作用は、吐き気です。

飲み始めたばかりのときに、吐き気は起きやすいとされています。

1から3ヶ月くらいすると、次第に吐き気は治まってくるケースが多いです。

したがって、飲み始めの時期の吐き気を、しっかりと制御することが、大切です。以下のようなお薬が有効です。

  • 精神の不安を和らげる薬である、ノバミンやロラゼパム
  • ナウゼリン、プリンペラン
  • 六君子湯という漢方

以上のような薬を用いて、吐き気をしっかりとることが、非常に大切です。

吐き気は食事摂取量を減らし、体力の低下につながります。そのことだけは、絶対に避けないといけません。

初めの1から3ヶ月を乗り切れれば、かなり楽に治療を受けられます。

リムパーザが原因で白血病になることがある。

リムパーザの副作用で、一番の問題は白血病です。

約0.8%の頻度で、白血病や骨髄異型症候群とったような、血液を作る部位のがんになることが、判明しています。

リムパーザの兄弟分的な薬で、ニラパリブというお薬がありますが、こちらのお薬も、約1.4%の頻度で白血病を発症することが判明しています。

頻度は低い副作用ではありますが、定期的に採血の検査をして、白血病になっていないかを確認しないといけません。

どのような乳がんに、リムパーザは効果がある?

遺伝性の乳がんに対して、効果があります。

どのような卵巣がんに、リムパーザは効果がある?

すべての卵巣がんの方に、リムパーザを用いることができるわけではありません。

以下のうちの、どちらかの条件を満たす方に、投与できます。

1、再発した卵巣がんに対して、カルボプラチンやシスプラチンといった薬を用いて治療をして、非常によく効いた方

再発した卵巣がんに対して、カルボプラチンやシスプラチンといった薬を用いて、卵巣がんを、かなり小さくさせることができた場合に、リムパーザを用いることができるということです。

卵巣がんを、小さくさせたのちに、リムパーザを用いると、以下のことが期待できます。

小さくなった卵巣がんを、長期間にわたって、小さい状態のままにする。

この場合においては、約10%の方は、とてつもない効果がでることがあります。

何年にもわたって卵巣がんを制御できます。

しかし、大半の方は、そうではありません。

がんを制御できる期間の中央値は、約8.4ヶ月です。

2、BRCA という遺伝子が陽性である卵巣がんの方で、カルボプラチンやシスプラチンを用いた治療が、非常によく効いた方

「BRCA という遺伝子が陽性である卵巣がんの方が、カルボプラチンやシスプラチンなどによる治療を受けて、卵巣がんを、かなり小さくさせることができた場合」に、リムパーザを用いることができるということです。

この場合においては、60%以上の方は3年以上にわたって、がんの増殖を制御できます。

さて、1と2は似ているように思えるかもしれませんが、少し異なります。

再発ではない卵巣がんに対してリムパーザを用いる場合は、BRCAという遺伝子が陽性であるという条件が、必要になります。

一方で、再発である場合は、BRCA遺伝子は陽性でなくても、リムパーザによる治療を受けられるのです。

ちなみに、7ccくらいの血液でBRCAという遺伝子が陽性かどうかはわかりますが、結果がでるのに3週ほどかかります。

そしてBRCAという遺伝子が陽性であれば、遺伝性卵巣がんということになります。血縁の方も、卵巣がんや乳がんになりやすい可能性がでてきます。

補足事項となりますが、遺伝性卵巣がんの頻度は、以下の通りです。

  • BRCA1という遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約8%
  • BRCA2という遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約3.5%
  • BRCA以外の遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約6%

そして、リムパーザによる治療に加えて、様々な工夫を加えないといけません。

そうすることにより、より長期間にわたって、卵巣がを抑えることができるからです。

完治を目指すこともできます。

そのために、知ってほしいことをこちらでお話しています。

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • オキサリプラチンによるアレルギー反応がでても、オキサリプラチンを安全に投与する方法とは?

  • イリノテカンによる下痢・吐き気・脱毛への対処方法を医師が解説

  • アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセル)によるしびれを、予防する方法とは?

  • ゼローダによる手足症候群の対処法と予防法を解説!

  • TS-1(ティーエスワン)による副作用である下痢、味覚障害、涙目を改善する方法を医師が解説

  • オプジーボを投与中に、がんが増大したとしても、がんが縮小することがある!