1. TOP
  2. 食事
  3. ネズミモチコーヒー(ねずみもちの実のコーヒー)は健康維持によいです。

ネズミモチコーヒー(ねずみもちの実のコーヒー)は健康維持によいです。

食事  

こんにちは。加藤隆佑です。

ねずみもちという植物の実は、女貞子と言われて、漢方でも用いられています。

ネズミモチ(女貞子)に関してですが、中国の書物には、胃腸を元気にし、五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)を安らかにし、心の療養し、あらゆる病気を取り除くとされています。

数年前までは、ネズミモチ(女貞子)の実は、第三類医薬品に指定されていました。

様々な効用を持ちます。

ネズミモチ、女貞子の効用

ネズミモチ(女貞子)は体の不調を整える力があります。

  • 胃腸を元気にする、便通を良くする
  • 白くなった髪の毛を黒くする
  • おかしくなった味覚を良くする
  • 疲れを取り除く

体のどこかがおかしいときには、ひとまず女貞子を飲んでみるという感覚で、用いることができます。

私は、漢方を用いた治療を行っていますが、女貞子ほど広い範囲に効果があるものを見た事がありません。とても不思議な植物です。

ネズミモチを飲むなら、エキスかコーヒー

漢方の世界では、ネズミモチを40分ほど煎じて、飲みます。しかし、毎日煎じることは、大変です。

そこで、エキスにしたものをサプリメントにした製品があります。もしくは、ネズミモチをコーヒーにしたものも、あります。

そのような形態ならば、とても飲みやすくて、毎日欠かさず飲む事ができます。

ちなみに、自分で作ることもできますよ。

ネズミモチのエキスの作り方

ネズミモチの実を採取します。実がなければ、葉や枝でもよいです。

次に、葉、枝、実を良く洗って、大きめの鍋に入れ、ひたひたの水で、煮だします。煎じます。差し水をしながら12時間ほど、成分を抽出します。

それをサラシなどでこします。

最後に、始めは中火、少なくなってきたらトロ火にして、焦がさないように注意しながら煮詰めます。水分が飛んでタール状になったら、エキスの出来上がりです。

手間はかかりますが、一度作ってしまえば、毎日簡単に体に取り入れることが、できます。

それを、乳糖で固めたら、サプリメント状になります。

ネズミモチ(女貞子)のコーヒーの作り方

はじめに採取した実を乾燥させます。乾燥させると以下のようになります。

それを鍋を用いて2時間ほど焙煎して、粉末状にしたら、出来上がりです。

 

 

 

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • がん治療中の食事内容を改善することの効果を医師が解説!肉、乳製品、玄米の注意点

  • がんを抑えるための、油の取り方の注意事項

  • がんと戦える体力があるならば、がんに対する治療を諦めなくても良い