1. TOP
  2. 乳がんステージ4
  3. がんと戦える体力があるならば、がんに対する治療を諦めなくても良い

がんと戦える体力があるならば、がんに対する治療を諦めなくても良い

こんにちは。加藤隆佑です。

さっそく本題に入りますね。

2ヶ月くらい前の話ですが、他の病院で緩和ケアしかないと言われた方がいらっしゃり、がんを治すためにできる治療法が残っていたので、その治療を受けていただきました。

その結果、痛みもとれ、がんも縮小していきました。

引き続き、少量の抗がん剤と漢方の治療をしていく予定です。がんをさらに小さくしていきたいです。

さて、それ以上の治療がないと言われても、実際はそうではないことは多々あります。

ガイドラインに書いてあるような、標準的な治療はもう効かないのかもしれません。そうであったとしても、保険診療内で、あなたにあう治療があることは珍しくありません。

主治医にこれ以上の治療法がないと言われても、そうではないのです。

あなたにある程度の体力があり、ある程度の食事がとれるならば、すべきことがある可能性は非常に高いです。

例えば、漢方をたすと、がんをより抑えられるでしょう。

それ以外にも、保険診療内でできる、少し特殊な治療も、よいこともあります。

がんと戦える体力があるならば、がんを抑えるためにすべきことがあるのです。

抗がん剤治療の悩みをとり、がんを克服するためのメール講座

\ SNSでシェアしよう! /

現役のがん専門医が教える、がん克服のためにすべきことの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

現役のがん専門医が教える、がん克服のためにすべきことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • 子宮頸がんのステージ4でも克服を目指す!再発転移した部位別に、治療法を医師が解説

  • 大腸がんのステージ4でも克服を目指す!再発転移した部位別に、治療法を医師が解説!

  • 胃がんステージ2、ステージ3とステージ4の抗がん剤治療と副作用と、治療の流れ

  • 食道がんのステージ4でも克服を目指す!再発転移した部位別に、治療法を医師が解説!

  • 子宮体がんのステージ4でも克服を目指す!再発転移した部位別に、治療法を医師が解説

  • 肺がんのステージ4でも克服を目指す!再発転移した部位別に、治療法を医師が解説!