1. TOP
  2. 1日でも長く生きるためにすべきことのDVDの修正点

1日でも長く生きるためにすべきことのDVDの修正点

こんにちは。加藤隆佑です。

1日でも長く生きるためにすべきことのDVDをご購入いただきまして、ありがとうございました。

DVDリリース後も、新しい知見が得られたり、多数の漢方や食事療法の指導を通して、DVDでお話していることの修正点が出てきました。

お手数をおかけいたしますが、ご一読のほど、宜しくお願い致します。

玄米の食べ方

玄米は、食べ方を間違えると、体に負担を与えるので、注意して食べるように、お話しております。

一方で、注意して食べているつもりでも、体の負担を与えながら、食べてしまっている方も、複数いるという問題があることに、気がつきました。

そのような観点から、玄米ではなく、「3分つき(もしくは5分つき)のお米」を第一の推奨にします。

一部の方は、「玄米を食べないと、がんは克服できない」と思われている方もいらっしゃりますが、そのようなことは、ありません。

玄米を食さなくても、がんを克服されている方は、たくさんいます。

どうしても、玄米を食べたい場合は、たまに、食べる程度にしてください。そして、食べるときは、いつもよりも、ゆっくりと、しっかり噛んで、食べることを意識してくださいね。

脂の取り方は、がんの制御や成長に、強い影響力を与える。

セミナーでは、脂質の取り方のお話を、後半にお話しました。さらっと、お伝えしただけですが、この部分は、非常に大切です。

オメガ6脂肪酸を控えて、オメガ3脂肪酸をたくさん取ることが大切です。

オメガ6を多く含むもの:マーガリン、市販ドレッシング、食用油(キャノーラ油など)、ショートニング

具体的には、間食は、ナッツにすると、良いです。クルミはおすすめです。ちなみに、私は、クルミ、アーモンド、カシューナッツをミックスして食べています。

ピーナッツはどの程度の効果があるかはっきりしないために、推奨していません。

無塩・食物油不使用・添加物の無添加のものを選んでください。

また、オメガ3をいっぱい含む、インカインチオイルを、1日に小さじ2.5杯ほど飲むのも、オメガ3を多く摂取するために、非常に効果的です。

インカインチオイルの代用としては、シソ油やアマニ油でも良いです。またナッツを日常生活に取り入れている場合は、オイルの量の上限は小さじ2.5杯より、少なくなります。

具体的にどのくらい少なくするかをはっきりと数値化できませんが、その辺りは直感に頼った対応で良いでしょう。

ちなみに、オメガ3脂肪酸を多少取りすぎても、体の害にはなりません。

ただし、鮮度が重要ですので、オイルの封を開けたら、1ヶ月以内に使用してください。

また、普段の調理用の油は、遺伝子組み換えではない菜種を用いた菜種油をオススメします。

油に関しての、補足として、より詳しい内容は、こちらに書いています。

がんを抑え健康的な生活を送るための油の取り方の注意事項

すべてのがんに、新しい治療法が保険承認されました。

キードルーダという免疫チェックポイント阻害薬による治療です。

以下のブログ記事に詳しいことを書いています。

キートルーダがすべてのがんに対して、用いることが可能になります。

西洋医学的な治療の選択肢がなくなった時に、もう1つ試みるべき治療法は、ハイパーサーミア+高圧酸素療法を併用した抗がん剤治療です。

例えば、ある抗がん剤の効果が、出なくなったとします。

そのようなときに、「ハイパーサーミア+高圧酸素療法」を併用して、効かなくなった抗がん剤治療をすると、それなりに高い確率で、再び効果が出ます。

ただし、「ハイパーサーミア+高圧酸素療法」を抗がん剤の投与中もしくは投与直後に行うことが必須です。状況によっては抗がん剤の投与直前に行うこともあります。

抗がん剤を投与して数日たってから「ハイパーサーミア+高圧酸素療法」をしても、残念ながら、再び効果を出ることは期待できません。

ただし、副作用の軽減や、免疫力のアップは期待できます。

この治療をしっかりやれる施設は、以下の2つの施設だけです。

  • 戸畑共立病院がん治療センター
  • 福岡徳洲会病院がん治療センター

今回は、効果の出なくなった抗がん剤の効果を再びだすために、どうしたら良いかという説明でしたが、可能であれば、普段から「ハイパーサーミア+高圧酸素療法」を併用したいです。

しかし、両方を同時に受けることが難しい方が多いと思いますので、その場合は、ハイパーサミアを優先して受けてください。

治療の直後、もしくは治療終了日の翌日の午前中までにハイパーサミアを受けられるようにすることは、医師と相談すれば可能です。

それ以外の小さな修正点

4カ所、訂正箇所と1点の補足点があります。

(訂正1)

薬草茶の作り方の説明のところで、「3から4リットルのお水に薬草を10から20グラム」という記載があります。

その部分は間違いであり、「約2リットルのお水に薬草を10から20グラム」というのが正しい内容となります。

(訂正2)

「がん自体、もしくは治療による副作用でよく悩まされる症状」というタイトルのスライドの部分です。

口内炎:スイカズラ(10g/d、煎したものを口に5分含む、花(金銀花)ならば、薬酒にしたものを口に5分含む)という記載は、以下が正しいです。

口内炎:スイカズラ(10g、煎したものを1日の中で数回に分けて口に5分含む。最後に、飲んでもよいし、吐き出してもよい。花(漢方名は金銀花という名前で販売)の方が、葉よりも薬効は強い。)

(訂正3)

漢方を煎じるときの容器に関しては、どのようなものでもよいとお話していますが、鉄製のものだけは避けて下さい。

ステンレス(鉄も含んでいますが、ステンレスならば、鉄が溶けてこないので、大丈夫です)、ホーロー、ガラスといった素材であれば、よいでしょう。

そして、煎じる時間なのですが、60分煎じたほうがより効果的なことが、最近判明いたしました。

60分煎じてください。

(訂正4)

びわの種を推奨していましたが、入手が難しくなりました。代替品は、杏仁(アンズの種の粉末)4グラムになります。

この経緯や購入先は、こちらをご参照ください。

びわ種の粉末に関する安全性と、代替案について

7、黒ニンニクよりも、より効果的なニンニクの摂取方法について

黒ニンニクとニンニクはどちらがよい?

今後も、DVDの内容をバージョンアップした折には、ご連絡いたしますね。