1. TOP
  2. 最新情報
  3. キートルーダがすべてのがんに対して、用いることが可能になります。

キートルーダがすべてのがんに対して、用いることが可能になります。

 2018/12/03 最新情報  

こんにちは。加藤隆佑です。

2018年12月中には、キートルーダがすべてのがんに対して、用いることが可能になります。

キートルーダとは

がん細胞は、増殖するために、免疫細胞の1つであるT細胞に信号を送ることが、あります。

その信号によって、T細胞は、がんへの攻撃を弱めてしまいます。

その結果、がんは、増殖しやすくなります。

そこで、その信号をブロックするのが、免疫チェックポイント阻害薬です。

さて、この信号をブロックすることは、「一部のがんの方」には、とても意義のあることになります。

「一部のがんの方」と記載したのは、理由があります。

免疫のメカニズムは、とても複雑なものであり、信号をブロックすれば、すべての問題が解決できるわけでは、ないからです。

たとえば、免疫細胞が疲弊しきっていると、免疫チェックポイント阻害薬の効果が乏しくなると、言われています。

また、腸内細菌がよい状態にあると、免疫チェックポイント阻害薬の効果が、アップするというデータもあります。

免疫細胞の元気度が、免疫チェックポイント阻害薬の効果に関係していることは、間違いないようです。

話はそれましたが、キートルーダも、免疫チェックポイント阻害薬の1つに分類されます。

さて、キートルーダは3週に1回のペースで、30分かけて行う点滴治療です。

これまでは、肺がん、尿路上皮がん、悪性黒色腫、リンパ腫で、用いられていました。

それが、すべてのがんに対して、用いることが、できるようになります。

キートルーダを用いることができる条件は?

すべてのがんに対して用いることは、できます。

ただし、遺伝子検査において、高頻度マイクロサテライト不安定性を確認できることが、条件になります。

高頻度マイクロサテライト不安定性を有するということは、遺伝子の修復機能の低下を示すことになります。

つまり、誤った遺伝子の配列を修復できなくなり、がんの芽を排除することができないことになります。

高頻度マイクロサテライト不安定性の頻度は?

米国のデータでは胃がんや子宮内膜がんでは患者の2割程度とされています。全体では4%程度というデータです。

ガイドラインに記載してあるすべての抗がん剤治療をやり尽くした方が、受ける治療となります。

キートルーダには、いろんな副作用はありますが、通常の抗がん剤に比べると、負担の少ない治療になります。

さて、これ以上の治療法がないといわれても、がんを抑えるために、すべきことは、あります。

そのためにすべきことは、こちらで解説しています。

がん専門医が教える楽にがん治療を受ける方法!

 

 

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • 膵臓がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!再発転移の治療と末期の対応を医師が解説

  • 食道がんのステージ別の治療方針や症状を医師が解説!生存率をあげ抗がん剤副作用を回避

  • がんを抑えるための、油の取り方の注意事項

  • 胃がんの手術後に、S-1+ドセタキセル療法が用いられるようになります。

  • ロンサーフの大腸がんへの治療効果をアップさせる方法と副作用について

  • 乳がんのステージ別の治療方針や症状を医師が解説!ステージ3でも完治を目指す!