1. TOP
  2. 最新情報
  3. 今後期待される、がんの薬剤の一覧

今後期待される、がんの薬剤の一覧

 2020/05/18 最新情報  

こんにちは。加藤隆佑です。

抗がん剤に対して、様々な治療薬が開発されています。

近い将来使えるであろう効果が期待される薬剤をご紹介いたします。

胃がん

1、トラスツズマブ デルクステカンという薬剤は非常に有望です。

商品名はエンハーツです。

HER2陽性の胃がんに、非常に強い効果が期待できます。

すでに、乳がんでは用いられている薬剤です。

(現在、申請中の段階)

2、「レンバチニブ+免疫チェックポイント阻害薬」による治療も、導入される見込みが高そうです。

3、HER2が陰性である胃がんのファーストラインにといて、「免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブを併用した抗がん剤治療」も、承認される見込みが高そうです。

(現在、申請中の段階)

肺がん

1、タグリッソという薬剤の効果がなくなったときには、Poziotinibという薬剤が有効かもしれないという報告がでています。

効果が期待ができるお薬です。

2、MET exon14遺伝子の異常の場合は、capmatinibという薬剤が有望視されています。

ちなみに、MET exon14遺伝子の異常に対して、テポチニブはすでに認可されています。

3、Tiragolumabという抗TIGITヒトモノクローナル抗体薬も、有望視されています。

ちなみに、 TIGIT は、免疫チェックポイントタンパク質の1つです。

大腸がん

1、マイクロサテライト不安定性がある大腸がんで、ステージ4の場合で、一番はじめに用いる薬剤は、キートルーダになる可能性が高そうです。

従来の治療法に比べると、副作用が非常に少ない上に、非常に治療効果がよいです。

2、BRAF遺伝子に変異がある場合は、従来の抗がん剤は、あまり効果が期待できません。

そのような場合に、エンコラフェニブ+ビニメチニブ+セツキシマブの併用が非常に有効とされています。

(現在、申請中の段階)

すい臓がん

イリノテカンリポソーム注射剤治療(製品名はオニバイド)が、すい臓がんに対して、もう少しで用いることができます。

肝臓がん

今年中には、「アテゾリズマブ(免疫チェックポイント阻害薬)+ベバシズマブ(血管新生阻害薬)」の併用療法が認可される見込みです。

非常によい治療効果が期待できます。

それ以外にも、カザボンチウニブ(マルチキナーゼ阻害薬)や「ニボルマブ+レンバチニブ」という薬剤も効果が期待できるとされています。

乳がん

トリプルネガティブの乳がん

抗Trop2抗体薬(sacituzumabgovitecan-hziy)が有望視されています。

また、「自己免疫賦活剤 ImprimePGG +免疫チェックポイント阻害薬」も有望視されています。

ちなみに、アブラキサンと免疫チェックポイント阻害薬のアテゾリズマブ治療後の維持療法として、アテゾリズマブを用いることは有効かもしれないという報告も、非常に期待できる内容です。

高リスクのHER2陰性の乳がん

手術前に、パクリタキセル+イミフェンジという免疫チェックポイント阻害薬+オラパリブ(分子標的薬)を投与すると、がんが完全に消失確率が2倍になるという報告があります。

HER2陽性の乳がん

チロシンキナーザ阻害薬であるtucatinibが有望視されています。

脳転移にも効果があるようです。

ハーセプチン+ゼローダと併用して用いられる薬です。

また、エンハーツという非常に強力な分子標的薬が、もう少しで使えるようになります。

ただし、日本人には間質性肺炎が出やすいと言われおり、注意が必要です。

ちなみに、チロシンキナーザ阻害薬として、ラパチニブ(タイケルブ)という薬はすでに認可されていますが、ニラチニブ(ゼローダと併用して使用)という薬も有望視されています。

卵巣がん

BRCA変異陽性、もしくは、ゲノム不安定性を有する卵巣がんの維持療法として、オラパリブとアバスチンの併用療法が非常に有望な治療法です。

また、すべての卵巣がんの維持療法に対して、ニラパリブという薬が申請されています。まもなく使えるようになると思われます。

 

 

現在、

関連記事

  • キートルーダがすべてのがんに対して、用いることが可能になります。

  • 肺がんの治療方針(2018年ガイドライン)が大きく変わりました。