1. TOP
  2. 乳がん
  3. エンドキサンという内服の抗がん剤は、乳がんに効果があります。

エンドキサンという内服の抗がん剤は、乳がんに効果があります。

 2019/05/20 乳がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

エンドキサンという抗がん剤があります。

以下のがんに対して、効果があるとされています。

  • 乳がん
  • 肺がん
  • 咽頭がん
  • 胃がん
  • 膵がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 多発性骨髄腫
  • 悪性リンパ腫
  •  急性白血病
  • 真性多血症

エンドキサン の乳がんに対する効果とは?

さて、乳がんに対しては、「5ーFuとファルモルビシン」という抗がん剤と併用して、用いられることが、多いです。

つまり、3つの抗がん剤を併用して、治療を行うということです。

しかし、エンドキサン単剤だけでも、がんを抑える力はあります。

たとえば、以下のような報告があります。

進行乳癌 65 例に対し 50 ~ 150 mg/日の経口投与を行い,27 例(41.5%)に他覚的効 果が認められ,その効果持続期間は平均 9.85 ヵ月であった 。
(エンドキサン 錠のインタビューフォームより、引用)

再発乳癌 37 例 に 50 ~ 100 mg/日の経口投与を行い,9 例(24.3%)に他覚的効果が認められ,効果持続期間平均 14.3 ヵ月を得たとの報告がある。(エンドキサン錠のインタビューフォームより、引用)

ステージ4や再発の乳がんにおいては、エンドキサンを内服することにより、非常によい結果になることが、あるのです。

この治療法は、昔は、よくされていたのですが、最近は、あまりされなくなりました。ガイドラインに、この治療法の記載が、ないからです。

しかし、これまでのエンドキサンの内服による治療実績を考慮すると、試みるべき価値のある治療法になります。

ちなみに、もしエンドキサンを服用するならば、1日あたり130から150ミリ前後がよいです。

エンドキサンの副作用は?

内服で、用いる場合は、大きな副作用がでることは、少ないです。

比較的、出現頻度の高い副作用は、骨髄抑制です。

骨髄抑制とは、血液の工場である骨髄の機能が低下することにより、貧血,白血球減少,血小板減少が出現することです。

適切に対処すれば、心配はいりません。

また、脱毛は高い頻度で出現します。

頻度は非常に低いのですが、出血性膀胱炎という副作用がでることがあります。そのときには、緊急の対応が必要です。

そして、長期間、エンドキサンを内服する場合には、子宮がんの発症に、気をつけないといけません。

この単元のまとめ

エンドキサンの内服は、乳がんのガイドライには記載がありません。

しかし、一部の方には、非常によい治療結果になります。

したがって、試みる価値の高い治療法となるでしょう。

さて、エンドキサン以外にも、非常に試みるべき価値の高い治療法はあります。

こちらで、その治療法を学ぶことができます。

 

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

私の細かなプロフィールは、運営者情報、もしくは自己紹介の記事をご覧ください。

関連記事

  • イブランスというホルモン受容体陽性の乳がんに用いられる薬の効果と副作用

  • アベマシクリブ(ベージニオ)のホルモン受容体陽性乳がんへの効果と副作用を解説

  • 乳がんが再発した時の症状を、再発部位ごとに医師が解説!

  • 遺伝性乳がんの検査と治療は?乳房の予防切除は必要か?

  • 乳がんのホルモン療法の副作用を医師が解説!楽に治療をうけよう。

  • 乳がんの治療の流れ|症状と診断ならびに治療を医師が解説