1. TOP
  2. 胃がん
  3. 胃がんの手術後に、S-1+ドセタキセル療法が用いられるようになります。

胃がんの手術後に、S-1+ドセタキセル療法が用いられるようになります。

 2018/11/26 胃がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、胃がんの手術後の、再発予防のための抗がん剤治療に関してです。

再発予防のための抗がん剤治療を、術後補助化学療法と呼びます。その際に、用いられる抗がん剤が、変更となります。

変更点があるのは、ステージ3の胃がんの術後の抗がん剤治療です。

こちらの臨床試験の結果より、よりよい治療法が判明したのです。

「TS-1+ドセタキセル併用療法」が、ステージ3の胃癌の、手術後に用いられる抗がん剤に、なるということです。

従来の治療法よりも、胃がんの制御率が、高くなります。

ちなみに、ステージ2の胃がんの場合は、TS-1という飲み薬を1年間飲みます。その点には、変更はありません。

さて、胃がんステージ3の場合は、抗がん剤治療だけを、受ければよいわけではありません。

ステージ3の胃がんを克服する方法は、こちらです。

 

 

ライター紹介 ライター一覧

加藤隆佑

加藤隆佑

加藤隆佑

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営しています。

これまでの経歴です。

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

関連記事

  • 胃がんの腫瘍マーカーの意義と、数値が上昇した時の対処法を医師が解説

  • 胃がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!再発にも打ち勝つ治療を医師が解説

  • 胃がんステージ2の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をもっとあげる工夫とは?

  • 胃がんステージ3の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をもっとあげる工夫とは?

  • 胃がんの症状と検査そして治療の流れを医師が解説!がん克服のために知って欲しいこと