1. TOP
  2. 自己紹介

自己紹介

こんにちは、加藤隆佑です。

私は、小樽協会病院という急性期病院で、消化器内科の医師をしています。

現役の医師として抗がん剤による診療をしています。同時に、遠隔診療も行っています。

消化器がん(胃がん•大腸がん•すい臓がん•肝臓がん•胆のうがん•食道がん)が専門ですが、がん全般についてのアドバイスができます。

● ステージ4のがんと言われたけど、もう助からないのか?
● 抗がん剤の副作用がつらいけど、なかなかよくならない。
● 大切な家族が抗がん剤治療をうけているが、どのように支えたらよいか?

そのような患者様や御家族の悩みに真っ向から向き合いながら、抗がん剤治療に15年間従事してきました。

数百人の方の抗がん剤治療をしてきました。

さまざまな方を見てきた経験とデータを生かして、現在は、ソーシャルメディアを通した情報発信や遠隔診療を行っています。

● いままで悩んでいたことが分かって、すっきりしました。
● どうしていったらよいか、分かりました。
● 主治医の言われたとおりでいいこと知りました。自信をもって今の治療を続けていきたいと思います。

といった感想を、いただいております。最後にこれまでの経歴です。

1977年生まれ

癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医

医学部卒業後、秋田赤十字病院、手稲渓仁会病院で、消化器がんの診療に従事。現在は、小樽協会病院消化器内科主任医長

2015年には、緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」を出版させていただく機会をいただく。

小樽協会病院の消化器内科の詳細はこちら