薬膳セミナーの修正点、並びに重要な補足

こんにちは。加藤隆佑です。

薬膳セミナーをご購入いただきまして、ありがとうございました。

セミナーをリリース後も、新しい知見が得られたり、多数の漢方や食事療法の指導を通して、セミナーでお話していることの修正点が出てきました。

このことについては、アップデートセミナーの部分をご確認ください。

アップデートセミナーで解説できていない修正点については、以下の通りです。

●訂正1:漢方の煎じ方のスライドの修正点です。

漢方を煎じるときの容器に関しては、どのようなものでもよいとお話していますが、鉄製のものだけは避けて下さい。

ステンレス(鉄も含んでいますが、ステンレスならば、鉄が溶けてこないので、大丈夫です)、ホーロー、ガラスといった素材であれば、よいでしょう。

●訂正2

びわの種を推奨していましたが、入手が少し難しくなりました。入手ができない場合の代替品は、杏仁(アンズの種の粉末)4グラムになります。

この経緯や購入先は、こちらをご参照ください(パスワードは数字の2です)。

入手できた場合は、びわの種でも大丈夫です。

人によっては、びわの種の方が飲みやすいと言われる方もいらっしゃいます。

●訂正3

「お粥」というタイトルのスライドがあり、そこに、お粥のレシピが1つあります。塩を加えることを記載してありませんでしたので、塩を味付けとして、加えてください。

補足

黒ニンニクよりも効果的なニンニクの取り入れ方についても、ご一読ください。

さて、今後も、内容をバージョンアップすることがあります。その折には、ご連絡いたします。