1. TOP
  2. 膵臓がん
  3. 膵臓がんの再発を予防する方法を医師が解説!再発率をさげて生存率をあげる秘訣とは?

膵臓がんの再発を予防する方法を医師が解説!再発率をさげて生存率をあげる秘訣とは?

 2019/01/25 膵臓がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたが、膵がんの手術後に再発するのではと不安であったとしても、再発させる確率を、下げる事はできます。

膵がんだから、再発することは避けられないと思っても、再発させないようにしましょう。

1つ目は、術後の抗がん剤治療を受ける事は大切です。

TS-1という抗がん剤を内服することは、効果的です。

従来の治療に比べて、2倍以上の方が再発しないですむという結果がでています。

TS-1にすると、約40%の方が再発しないですむようになったのです。

ちなみに、従来の治療(ジュムザール)では80%くらいの方が再発していました。

もう1つ有効な方法は、漢方をたすことです。

体の免疫力をあげることは、がんの再発を抑える上でとても大切です。

治療効果に個人差があることは、いなめませんが、もしあなたが漢方を飲んでいないならば、漢方を足すべきです。

あらゆることを動員していくことが、膵がんを克服している上で大切です。

  • あなたの体力をつけてくれる漢方(免疫力アップになる)
  • 抗がん作用のある漢方
  • 解毒作用と炎症をとる力のある漢方

このような漢方を組み合わせていく事が大切です。

ただし、保険診療で処方してもらえる漢方だけですと、選択肢に限りがあります。

そこで、それ以外の漢方も加えると、よりよいです。効果的な漢方は、簡単に入手できます。

そして、膵臓がんの再発する確率を、0に近づけていきましょう。

こちらで、膵がんの再発を抑えるために、すべきことをお話ししています。

ライター紹介 加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

この記事を書いた著者のことを、もっとよく知りたい方はこちら

関連記事

  • 膵臓がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!今すぐ効果がある治療を医師が解説

  • 膵臓がんの手術後に、腫瘍マーカーが上昇して、再発を疑わせる時の対処法を医師が解説!

  • 膵臓がんの再発でも楽に余命を伸ばす!末期からでも回復する治療を医師が解説

  • 膵臓がんが腹膜播種の形で再発し、腹水が増えた時の治療法を医師が解説

  • 膵臓がんの腫瘍マーカーであるCEAやCA19-9などについて医師が解説

  • すい臓がんの治療の流れ|症状と診断ならびに治療を医師が解説