1. TOP
  2. 肺がん
  3. 肺がんの治療方針(2018年ガイドライン)が大きく変わりました。

肺がんの治療方針(2018年ガイドライン)が大きく変わりました。

 2018/12/28 肺がん  

こんにちは。加藤隆佑です。

さて、2018年の12月に、肺がんのガイドラインが大きく変更しました。

なぜならば、ステージ4もしくは再発の肺がんに対して用いることができる薬剤が増えたからです。

治療の選択肢が増えたことはとてもよいことです。

しかし、病院での治療に耐えうる体力があっての、治療です。だからこそ、病院の治療で体力を消耗しないようにしないといけません。

さて、最新の肺がんの治療方針は、こちらにまとめております。

ライター紹介 加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

この記事を書いた著者のことを、もっとよく知りたい方はこちら

関連記事

  • オプジーボという抗がん剤は、肺がんに対して、信じられない効果があります。

  • 肺がんの検査の方法と費用ならびに検査の期間を医師が解説!楽に検査を受ける秘訣とは?

  • 肺がんのステージ4でも楽に余命を伸ばす!今すぐ効果がある治療を医師が解説

  • 肺がんステージ3の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をもっとあげる工夫とは?

  • 肺がんステージ2の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をもっとあげる工夫とは?

  • 肺がんの再発でも楽に余命を伸ばす!末期からでも回復する治療を医師が解説