1. TOP
  2. 食事療法で優先順位の高い事

食事療法で優先順位の高い事

食事(薬膳)療法で優先順位の高い事

オメガ3脂肪酸の意識と体に負担のかかる油を避ける

オメガ3脂肪酸を効率的にとるならば、インカインチオイルがよいです。

がんの制御に役立ちます。

一日小さじ2.5杯です。封をあけたら、残っていても、1ヶ月で破棄です。

アルコイリス インカグリーンナッツインカインチオイル 180g

賞味期限が短いので、小さいタイプを購入されるとよいでしょう。アマゾンなどで買えます。

同時に、こちらの内容も、覚えておいてください。

良質な発酵食品

毎食、発酵食品を取り入れてください。

特におすすめは、ファイトケミカル味噌汁です。

以下のように作れます。

ファイトケミカル味噌汁の詳細

用意する材料
キャベツ  100g、タマネギ  100g、ニンジン  100g、かぼちゃ 100g
(細かく切ったもの)
4種類の野菜を食べやすい大きさに切り、鍋(ルクルーゼといった琺瑯鍋が良い)に水1000cc加え、沸騰させ、鍋に蓋をして弱火で60分間加熱する。そして、こす。

スープの部分だけを、味噌をといて、飲んでください。

一回の摂取量の目安は200cc。一日の摂取量の目安は200~400cc空腹時、特に早朝時にお茶を飲む前に摂取する。

免疫力を高めたい、あるいは白血球を増やしたいと言う時は1日3~4回空腹時(早朝空腹時、食間、食前)に摂取する。
(1日量600cc~800cc)

長期保存は野菜と一緒に冷凍してください。まとめて作ると、楽です。

味噌は1年以上かけて発酵させた昔ながらの製法での味噌にしてくださいね。

味噌を連日とっても、塩分のとり過ぎで、血圧が高くなることは、原則的には生じないので、心配はいりません。

免疫アップが強化されることでしょう。

もちろん、飲みやすいように、アレンジしていただいてかまいません。

良質な材料(良質なタンパク質)の意識

納豆や卵は、非常によいです。

ただし、卵の選び方には、注意が必要です。

卵に限らず、他の食材に関しても、育てられた環境を意識して購入してください。

ちなみに、納豆は発酵食品でもあります。

発酵させると、体の中で、たんぱく質が吸収されやすくなるという側面があります。

デトックス

デトックスは、がんを制御する上で、重要です。

そのために有効な方法は、ファスティング(断食)です。

さて、ファスティングの方法がありますが、以下のものを第一の推奨としております。とても効果的です。

—–

日中の6時間以内の間に、以下のような食事をとる。

梅干し
野菜果物ジュースを1から2杯
野菜サラダを1から2杯
納豆(他の発酵食品で代用可)
(計500から600キロカロリー)

残りの18時間は、水分(もしくはお茶)を、多めにとり、
断食の時間とする。

体重、体調をみながら、数日に1回のペースで行う。

—–

がんの勢いがある場合は、2日(もしくは3日)に1回のペースでやることを、おすすめします。

さらに、免疫を高める漢方も、追加すると、非常によいです。たとえば、レイシなどです。

気持ちの持ち方も大切です。

追加で1つ取り入れてほしいこととしては、私の著書である「抗がん治療を受けるときに読む本」に書いてある、感謝のワーク(p220)です。

これも毎日やって頂けると幸いです。