抗がん剤の副作用と、胃がんに、負けない体を作る方法とは?

こんにちは。加藤隆佑です。

胃がんの抗がん剤の副作用の苦しさを、もっと取り除くことは、できます。

吐き気、だるさ、しびれ、下痢、口内炎といった症状に、悩まされることが多いです。しかし、副作用を、もっと楽に、できます。

元気なときと同じような毎日を、過ごせるようにしていきましょう。

同時に、手術後の、胃がんの再発率を、さらに下げることはできます。

そして、胃がんに負けない体を作っていきましょう。


がんを克服するためのメール講座

お名前*

メールアドレス*

 

あなたは、手術や抗がん剤治療の影響で、体調がすぐれなくなっていませんか?

いつも体がだるい。手足にしびれが残って辛い。食欲がわかない。このような症状を、もっと取り除くことは、できます。

体調が良くなれば、免疫力が上がります。そして、がんの成長を抑えることにも、なるのです。すい臓がんを代表とする治癒率が低いがんでも、さらに、がんを抑えられます。

そして、がんを克服する確率を、高くできるのです。

さて、私は、「抗がん剤治療を受ける時に読む本」を出版させていただく機会をいただきました。

その本の内容も踏まえて、私は、がん克服の秘訣をメール講座で説明しています。

がん治療の専門医としての視点から、書いています。

抗がん剤治療の最前線の経験も、踏まえています。

がん克服のためのメール講座の感想をご紹介します

もう一年間近くイリノテカン投与してます。

下痢が酷く肛門が腫れ上がっていたのですが、 先生のブログを見て漢方薬を処方してもらい、アルカリ水を飲んだところ、かなり緩和されました。

ありがとうございます。

 

加藤先生のおっしゃるような漢方薬、温熱療法もしてるので、しびれといった抗がん剤の副作用は、でませんでした。

先生に教わった食事療法もはじめました。オイルやラカンカをとりいれて楽しみ食事療法にとりくめ、家事をするのが楽になりました。来週は2回目の治療をうけるつもりです。

先生に出会えなければ、抗がん剤の副作用にたえるしかないと思い込んでいたとおもいます。

延命の抗がん剤治療ですので、それだけに頼らずいろいろなことで免疫をあげていきたいです。

自分らしく生きることが目的の抗がん剤治療ですよね。

先生に生きる希望をもらいました。ありがとうございました。

これからも自分の体の状態をみながらできる範囲での抗がん剤治療をしたいと思います。

 

3年前に横行結腸がんの手術をし、大動脈周囲から縦隔リンパ節転移、左鎖骨上リンパ節転移と、最初は何を言われているか分か利ませんでした。

余命まで伝えられて、これからどうしようと思っていたときに、加藤先生のメルマガに出会いました。

今まで、本当にありがとうございました。また、明日からも、よろしくお願いしますと、感謝の言葉しかありません

前に相談しました、CEAが上昇していたのも、一気に下がりました。

加藤先生にアドバイス頂いた、杏仁を煎じて毎日飲んでいました。その結果下がったと思っています。

加藤先生を信じて、本当に本当に良かったです。

(大腸がんが再発して、現在は、寛解状態になった60歳代男性の方)

 

今度の金曜日から初めての抗がん剤治療を受けます。

手術を受けて術後診断は盲腸ガンのステージ3aでした。「抗がん剤治療、頑張らなくちゃ!」とチカラが入っていました。

でもメルマガを拝見して「辛かったら辛いって言えばいいんだ」と改めて思いました。

(中略)

ネットで私が受ける抗がん剤治療の「ゼローダ」や「エルプラット」で検索すると、患者さんのブログにばかり目が行ってしまい、滅入っていたところでした。

今回の病気は何もかも初めて尽くしなので不安も多いのですが焦らず、よく相談しながら取り組めたらと思いました。

 

私の父が胃がん(肝転移がありステージ4)と判明し、このメルマガを拝読させていただいております。

告知時は本当にショックで激しく動揺していたのですが、こちらのメルマガと先生の本を購入して読んでいるうちに、気持ちが落ち着きました。

ありがとうございます。

 

がんを、さらに抑え、小さくするために、すべきことはある。

あなたのがんを、さらに抑えるすることは、できます。そして、がんを、もっと小さくしていきましょう。

さらに、抗がん剤の副作用に悩まされないように、していくことはできます。

また、主治医から、治療法は無くホスピスに行くしかないと、言われるかもしれません。しかし、実際は、そんなことは、ないのです。

あなたが、自分の力で動ける。自分で、しっかりと、ご飯を食べられる。

そのような力があれば、すべきことは、まだまだ、あります。

抗がん剤の副作用に悩まされない方法とは?

例えばTS-1という抗がん剤の副作用で、悩まれたとします。どのように副作用をとっていけばよいのでしょうか?

一番、簡単で効果的な方法は、TS-1の飲み方の変更です。

もう少し具体的にお伝えします。TS-1は、「4週飲んで2週お休み」が、一般的な飲み方です。

しかし、副作用がつらい場合は、TS-1を1日おきに飲むと良いです。治療効果は、ほとんど変わりません。さらに、副作用を減らすことが、できるのです。

このようなことは、ネットで調べても、分かりません。学会報告や論文を、こまめにチェックしないといけません。

さらに、病院という現場の経験があって、分かることです。ちょっとした工夫が、あなたの治療を大きく変えられます。

その結果、副作用に悩まされず、楽にがんを克服できます。

そのようにできる確率を、跳ね上げていきましょう。

また、主治医の方針が、必ずしも正しいわけではないです。

医師によって、診療の質に、差があるからです。また、西洋医学だけでなく、東洋医学にも精通していないと、乗り越えられない問題もあります。

幸いなことに、漢方や薬膳的な食事といった、東洋医学的なことを、取り入れられます。あなたが、自宅で、簡単にできることだからです。

東洋医学は、抗がん剤の副作用を減らしてくれます。

そして、がんを克服する確率を高めてくれます。

がん克服のためのメール講座では、以下のようなお話をしていきます。

  • 抗がん剤の副作用の取り除き方
  • あなたが受けている治療を、より良い結果に導くすべきこと
  • 最新の治療法
  • 副作用を取り、がんを抑えるための食事療法や漢方

がん克服のメール講座の内容の一部をお見せします。

  • 抗がん剤による副作用に悩まされない方法とは?
  • がんが、完治しました。そのために受けた治療は◯◯。
  • がんで、簡単に命を奪われないようにできる。そのために、すべきこととは?
  • 余命宣告をはねのける力を、引き出す秘訣
  • ステージ4のがんでも、ドンとがんを小さくさせられる!
  • はじめての抗がん剤を受けるときに、注意しないといけないこと
  • ガイドラインにのっていなくても、効果的な治療法はある
  • 抗がん剤による吐き気と嘔吐を、良くする方法とは?
  • がんの再発する確率を0に近づけるは、できる!
  • 抗がん剤によるしびれを、良くすることが、できました事例について
  • 肺がんを、抗がん剤なしで、長期間、制御できた事例について
  • 膵がんの手術後で、体調もよく、腫瘍マーカーも下げることができた事例について

病院では、教えてくれないことも、お伝えしていきます。

メール講座に関して代表的なご質問にお答えします。

がんの治療で疑問に思っていることがあるときは、どうしたらよいですか?

あなたが、知りたいことがあるかもしれません。その場合は、私から届くメール講座に、返信してください。

書いて欲しいテーマを、私にリクエストすることが、できます。

どのような種類のがんであったとしても、役に立つ内容ですか?

血液がん以外であれば、お役にたてるかと思います。

私は、消化器がん(胃がん・大腸がん・すい臓がん・肝臓がん・胆のうがん・食道がん)が専門です。同時に、がん全般についてアドバイスしています。

また、いろんな種類のがんはありますが、共通した部分は、かなりあります。

したがって、あなたと違うがんに関する記事が配信されることもありますが、得られることはあります。

メール講座は有料ですか?

メール講座のご登録はもちろん無料です。

ただし、本名でのご登録をお願いしています。

真剣な方だけに、読んでいただきたいからです。もちろん、配信解除も気軽にできます。

メールマガジンを登録しても、届かない時の対処法

もし、届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」をみてください。また、ソフトバンク、ドコモ、AUといった携帯電話のアドレスですと、サーバーの関係で、うまくメールマガジンが届かないことも、多いです。

登録してもメールが届かない場合は、gmailのアドレスでの再登録を、お勧め致します。

これから、一緒に、胃がんに負けない体を作っていきましょう。


がんを克服するためのメール講座

お名前*

メールアドレス*