漢方は1日分を3回に分けて飲みます。

3回に分けて飲んだ場合の問題点は、昼の分の漢方を忘れることが、多くなることです。

もし、昼の分を飲み忘れることが多いときに限っては、1日分を2回に分けて、のんでください。

ちゃんと3回に分けて飲める方は、1日分を3回に分けて飲んでください。

ちなみに、漢方は、食前と食後を比較しても、効果に変わりはないです。

そうであるならば、飲み忘れる頻度が低い食後に、飲む方がよいです。

それでは、漢方の飲み方の詳細を説明いたします。

レイシ

れいしは、キノコの1種です。レイシの代わりに、同量の干し椎茸でも、代用可です。

1日に、14グラム相当を用います。

体力、免疫力アップ、並びに抗がん作用を目的とします。

サプリメント状のもので、取り入れるのが、もっとも効率的です。

レイシを煎じて用いる方法とは?

れいし14グラムを細かくして、98度くらいの高温を維持できる電気ポットに24時間いれて、成分を抽出します。

そして、ポットからとりだして、スープの部分だけを、1日3回にわけて飲みます。

キノコ系は、かなり長時間、高温で、抽出しないと、成分をしっかり取り出せないので、24時間必要なのです。

ちなみに、私の患者さんには、継続するのが簡単な、レイシのサプリを飲んでもらうことが多いです。

レイシは、どのようなサプリメントが良い?

レイシのサプリで良いものは、十分な時間の熱水抽出(もしくは酵素を使用)をして、レイシの有効成分を抽出したものです。

メーカーによっては1時間という、非常に短い時間の熱水抽出しか、していないところも珍しくありません。

また、レイシを粉末化しただけのサプリもあります。しかし、それは体内で吸収されないので、意味がありません。

さらにいうならば、菌糸体からできたものでなく、子実体から作られたレイシのサプリにされると、さらによいです。

食後に、飲みます。

人参養栄湯(にんじんようえいとう)

免疫力、体力アップを目的とします。

保険で処方してもらえます。主治医にお願いしてみてください。

人参養栄湯の代わりに、十全大補湯、補中益気湯でも代用は可能です。粉末の飲み薬です。

1日3袋です。

ネットで購入ならば、ウサイエン一日10gがよいでしょう。

食後に、飲みます。

杏仁(キョウニン)

一日4グラムを2回から3回に分けて、飲みます。もし、2回に分けて飲むならば、1回につき2グラム飲むことになります。

3回にわける場合は、1回1.4グラムを3回です。総量が4.2グラムになってしまいますが、その程度は誤差範囲です。

1回ごとに、計測する必要があり、大変だと思いますので、1週間で飲む分を一気に分けてしまうと、良いです。

ちなみに、サービス精神のあるかかりつけ薬局に持っていくと、量を測って、分けてもらえることがあります。

粉末なので、水に溶かして、飲みます。

1回4グラムではないです!!!!

抗がん作用目的です。

食後に、飲みます。