1. TOP
  2. 漢方を飲むメリットについて解説します。

漢方を飲むメリットについて解説します。

適切な漢方を飲むことで、以下のことが期待できます。

1、漢方との相互作用により、抗がん剤の効果を増強させる。

2、抗がん剤の副作用を、軽減させる。

3、免疫力をあげることにより、がんの成長を制御する。

4、抗がん性のある漢方ならば、がんの成長を抑えることができる。

現在の治療に、漢方を加えることにより、がんをさらに、小さくしていけます。

がんが、大きくなっても、漢方は、がんの成長を抑えています

万が一、漢方を飲んでいる最中に、がんが、大きくなったとします。

そうであったとしても、漢方は、継続してください。

漢方には、体を強くする効果があるからです。

がんによる症状を、和らげる力もあります。

がんの成長のスピードを、抑える力もあります。

そうすることで、体や免疫力を、弱らせないようにできます。

やすやすと命を奪われることが、なくなります。

たとえば、「レイシ、杏仁、人参養英湯」は、常に飲み続けるべき漢方の1つです。

体と免疫の力をあげて、同時に抗がん性も期待できる組み合わせの漢方だからです。

さて、漢方を継続する意義は、医学的なデータでも、示されています。

抗がん剤治療に、漢方を併用した方が、生存期間をかなり伸ばすことができるというというものです。


(クリックしたら、大きくなります。)

上のデータは膵癌のデータですが、他のがんに関しても同じことが言えます。

ちなみに、このデータは台湾のビッグデータの解析から示されたものです。台湾は、世界的にも、非常に質の高いビッグデータを持つ国です。非常に信頼性の高いデータです。

そして、漢方は、長期間飲み続けるほど、よりよい結果になることも、判明しています。

がんが大きくなったから、漢方の効果はないと判断するのは、早急です。

がんが大きくなったときには、漢方の内容を調整するとよいです。

抗がん剤と違い、漢方には、耐性ができるということは、基本的にはありません。。

抗がん剤と違い、漢方には、耐性ができるということは、基本的にはありません。

なぜならば、漢方の中の抗がん性のある成分は、1つではないからです。抗がん性のある成分を、複数含んでいます。複数あると、耐性はできにくいのです。

さらに、漢方には、免疫力をあげて、がんの成長を制御するという面もあります。

その結果、さらに、耐性ができにくいと推測されます。

ちなみに、抗がん剤の中の、抗がん性のある成分は、一つだけです。したがって、耐性ができやすいのです。

漢方は、食後に飲んだ方でください。

漢方は、食後に飲んでも、効果は、変わりません。

漢方といえば、食前に飲むというイメージが強いですが、食後に飲んでも、効果は変わりません。

そして、食後に飲んだ方が、飲み忘れが減ります。

したがって、漢方は、食後に飲むことをおすすめします。

また、あなたが、煎じる漢方を飲んでいるとします。

その場合は、煎じ液で、病院の薬やサプリメントを飲んでもらうことも可能です。

そうすれば、薬を飲むための水を、減らすことができます。そして、水の飲みすぎで、お腹がいっぱいになることを防げます。

がんが大きくなってきた時には、漢方の内容を、調整しよう!

がんが大きくなった時の、対処法をお伝えします。

1、はじめに、正しく、漢方が飲めていたかと、確認します。

2、今後の病院の治療方針を確認します。

3、その上で、漢方を調整します。

よくあるパターンを、数個ご紹介します。

1、レイシを増量する。

2、人参養英湯に十全大補湯を加える。

3、シモンイモを加える。

4、白花蛇舌草、半枝蓮、大青葉といった煎じる漢方を追加する。

いろんなパターンがあります。

手っ取り早く、がんを抑える力を強化する方法

がんを抑える力を、簡単に、さらに、強化する方法があります。

1つ目は、レイシを飲む量を増量することです。

私は、1日あたり14グラムに相当するレイシを飲んでもらうことが多いです。それを増量するという方法です。

1日あたり23グラムから25グラム相当の量までなら、レイシを増量可能です。

その結果、がんを抑える力をアップできます。

2つ目は、人参養英湯に、十全大補湯という漢方を追加する方法です。

ちなみに、人参養英湯や、十全大補湯は、主治医に処方してもらえるものです。

しかし、2種類の漢方を処方することに、抵抗感を持つ医師はいます。漢方に慣れていない医師の場合に、抵抗感を持つことが多いです。

交渉しても、2種類処方していただけないときには、どちから片方を飲むようにしてください。

漢方のことで悩んだときには、私に相談してください

思ったような結果になっていないときや、体調がよくないときには、ご連絡をいただければ、漢方のご指導をいたします。