1. TOP
  2. 大腸がん
  3. 大腸がんが腹膜播種の形で再発し、腹水が増えた時の治療法を医師が解説

大腸がんが腹膜播種の形で再発し、腹水が増えた時の治療法を医師が解説

 2019/06/26 大腸がん  

こんにちは。加藤隆佑です。小樽協会病院というところで、がんを専門に診療をしています。

さて、大腸がんの手術後、一番気がかりなことは、再発しないかということです。

もし、腹膜播種として再発した場合は、腹水がたまり、場合によっては、お腹がパンパンになることがあります。

本日は、腹膜に再発したときの治療法と、腹膜に再発する理由を、解説いたします。

大腸がんが、腹膜に再発する理由とは?

お腹の中に、腹膜という部位があります。そこに、種がまかれるように、バラバラと、がんが広がることを腹膜播種(ふくまくはしゅ)と言います。

大腸がんにおいては、腹膜播種の形態で再発することは、多いです。

さて、大腸がんが、腹膜に再発する理由は2つです。

1つ目は、手術の刺激で、がん細胞が、腹膜に散らばったという理由です。

もう1つの理由は、手術の際に行われた検査では分からないくらい小さな癌細胞が、すでに腹膜に転移していたという理由です。

そして、腹膜に転移していたがんが、時間とともに大きくなり、検査で分かるようになったのです。

腹膜播種として再発した場合の症状と治療法

腹痛が出ることがあります。便秘気味に、なることもあります。

腹膜播種がひどい状況になると、腹水がでます。

その結果、お腹がはります。

このような症状がきっかけで、胃がんの再発がわかることは、珍しくありません。

大腸がんの術後に、お腹がはるという症状がでたときには、早めに病院を受診しましょう。

もし、腹膜播種として再発した場合には、抗がん剤治療が中心となります。

ちなみに、非常に効果的に、腹膜播種を制御する特殊な治療法があります。

お腹の中に、直接抗がん剤を投与するという方法です。腹腔内化学療法と言われます。腹腔内のがん細胞を制御するのに、有効な治療法です。

それによって、腹膜播種が綺麗に、消えるケースも、あります。

問題点として、この治療法が広く普及はしておらず、一部の施設でしか行われていないことです。

大腸がんで腹水多量で、お腹がパンパンになったときの対処法

腹水でお腹が張って辛いという症状をとるために、小さな針をお腹にさして、腹水を抜くことがあります。

腹水だけを抜くと、体の栄養成分も、抜けてしまうことが、注意点として、挙げられます。

そのことを避けるために、腹水を抜いた後に、腹水を「ろ過+濃縮」して、腹水の中の栄養分だけを体内に戻す、腹水ろ過濃縮再静注法(CART)を行うことがあります。

最後に、本日のまとめです。

腹膜播種になったとしても、がんを制御するために、すべきことはあります。

さらに、症状をよりよくすることは、できるのです。

さて、大腸がんが再発したときには、抗がん剤だけでは、治療効果に限界が、あります。

大腸がんが再発したときに、知って欲しいことは、こちらで解説しています。

ライター紹介 加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

この記事を書いた著者のことを、もっとよく知りたい方はこちら

関連記事

  • スチバーガの副作用である手足症候群を減らし、楽に治療を受ける秘訣を医師が解説

  • 大腸がんの腫瘍マーカーであるCEAやCA19-9などについて医師が解説

  • 大腸がんが再発した時の症状を、再発部位ごとに医師が解説!

  • 大腸がんステージ2の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をあげる工夫とは?

  • 直腸がんの手術後に生じた排便障害という後遺症を解決する方法があります。

  • 大腸がんステージ3の完治を目指す治療を医師が解説!生存率をもっとあげる工夫とは?